ガーデニング用品も楽々収納!おしゃれな屋外物置大全 > 屋外物置に窓は必要?メリットとデメリットを解説!

屋外物置に窓は必要?メリットとデメリットを解説!

屋外物置にはいろいろな種類があり、中には家と同じく窓が設置されたものもあります。屋外物置は趣味のグッズや普段使わないような道具を収納するに最適で、窓があった方が良いのかない方が良いのか物置の役割を確認してから選択すると良いでしょう。例えば窓があると収納物が見えたり、風通しを良くすることができるなどのメリットがあります。中には風通しに関係なく、日の当たらない場所で置いておきたいアイテムもあるでしょう。何でも収納するとアイテムによって物の価値が下がってしまうようなケースもあるので注意が必要です。フィギュアなどを保管するなら、なるべく日が当たらなかったり、ホコリが少ない環境がよいので、窓があるとデメリットになることもあります。物置にある扉で適当に換気することができるので、窓は必要ないというケースもあるでしょう。屋外物置に窓を設置するか設置しないかは、何を保管するかによって選択することをおすすめします。

窓がある屋外物置屋外物置にアイテムを収納する場合、いくつか注意することがあります。例えば内部に丈夫なラックがあると、置き場所に困ることはなく縦に長いスペースなどを作っておくとスムーズに管理することが可能です。物置のサイズは大切で、小さ過ぎると収納物が入らなくなったり大き過ぎると何を入れたか分からなくなるかもしれません。理想的なのは保管する収納量を70%と考え、残りの30%は余裕を持っておくと便利です。扉は開口部が大きく開いたり、左や右両方向から開けることができると良いでしょう。開けやすい取手などがついていると便利で、夏に強いか冬に強い屋外物置なのかも考えて選ぶことをおすすめします。エリアによっては耐雪タイプや耐熱タイプなどがあり、地域や保管したいアイテムで物置の種類を選択することが可能です。雪の多い地方なら雪の重みに耐えられるようなタイプが良く、夏の暑さ対策には断熱材が入っているものが便利です。

物置の素材は木製や金属製・プラスチックなどがあり、屋外か屋内かで耐久年数がやや変わってくるでしょう。海外で人気があるのが木製で、耐久年数が高く全天候型になっています。デザインが豊富でかわいかったりクールなものがあり、腐食しやすいなどのデメリットもあるので定期的にメンテナンスすることで長く使用することが可能です。プラスチックはメンテナンスが不要で、メリットとして設置するのも解体するのも簡単です。但し紫外線に弱いので、本など日焼けしてほしくないアイテムを保管するなら工夫が必要になります。屋外物置にはいろいろなタイプがあり、窓がついたものや素材も様々です。保管するアイテムから屋外物置の種類を検討してみると良いでしょう。

関連記事