ガーデニング用品も楽々収納!おしゃれな屋外物置大全 > 気づかないうちに狙われてるかも!物置の防犯対策を教えます

気づかないうちに狙われてるかも!物置の防犯対策を教えます

物置にはさまざまなアイテムが収納されていて、ガーデニンググッズや趣味のアイテム、季節のイベント物など家庭によっていろいろなグッズがあります。大切なアイテムを保管している物置は家の同じく防犯対策が必要で、気づかない内に狙われているかもしれないので注意が必要です。まず、建物の近くに屋外物置を設置しないことをおすすめします。スペースを作りたいので家の真横に屋外物置を置いているところは多いですが、二階への足場になる可能性があるので足場にならないような場所に設置すると安全です。屋外物置に窓ガラスがあるなら、割られないようにシートをはったり窓に防犯錠などを付けると良いでしょう。センサーライトを取り付けると誰か来ると周囲を明るくすることができ、防犯対策として活用することが可能です。物置の横に番犬を飼うのも良く、侵入者を見ても吠えない犬なら犬小屋や門などに猛犬注意ステッカーを貼ったり、ステッカーが見えるようライトを置いたりセンサーライトで驚かすと犯人の心理的な不安をあおることができます。

防犯カメラ防犯カメラもおすすめで、防犯カメラがついている家について侵入者は警戒するものです。防犯カメラを玄関や物置などに置いておくと効果的で、もしコストを抑えたいならダミーの防犯カメラでも良いでしょう。侵入犯は人の目や光、音などを嫌うと言われていて、防犯カメラは目のかわりになるので侵入犯の心理的な不安をあおることが可能です。コスト的に余裕があるなら本物の防犯カメラを設置し、設置した側の心理的な安心度は高くなります。物置の周辺やそこに行くまでの通り道に防犯ジャリを置いておくのも効果的です。

ジャリやガラスなどを踏んだような音になり、足場に置いておくだけなので便利です。防犯ジャリを置いておくだけで静かな夜や午後など、ジャリの音がすることによって侵入に気付くことができるでしょう。物置の扉や窓にはしっかり防犯錠を付けておくと、こじ開けられないと侵入者が諦めることもあります。侵入者が諦めてくれる家には特徴があり、例えば泥棒は人目に気を使っているので、周囲の人から目が届きやすい場所にある物置などは避ける傾向があります。屋外物置のドアや窓に防犯錠がついていたり、防犯カメラがついているような侵入リスクの高い場所を侵入者はわざわざ狙いません。音を立てないようにしてガラスを破って侵入する手口が多いので、防犯ジャリなどをあると侵入される確立を抑えることができるでしょう。

関連記事